水海道橋本町の御神輿と山車は,平成27年9月関東・東北豪雨で被災し,修理が必要となっていました。このたび一連の修理が完了し,御神前において修理完了の奉告と清祓が執り行われました。

橋本町の町内会や青年会が中心となって,クラウドファンディング等を活用して修理への協力を募りました。これは,同町内や近隣地域が広範囲にわたって甚大な被害を受けていたため,インターネットを活用して全国的な協力を募ろうという試みでした。

多くの皆様からのご協力を賜わり,山車は平成28年7月(被災後10ヶ月)に,神輿は平成28年12月(被災後15ヶ月)に,それぞれ修理が済みました。

被災から復活した御神輿と山車だからこそ,お祭りを通じた地域の「絆」の広がりと深まりに象徴的な役割を担っていくでしょう。