茅の輪を調製し,設置しました。

当神社では,夏越大祓の当日午後に舗設し,翌日午前には撤去します。

茅の輪をくぐることで,罪穢を茅の輪に吸着させて祓っています。つまり,茅の輪はしだいに罪穢を蓄積します。長時間にわたって設置しておくのは好ましくないと考え,短時間の設置にしています。

また,祓いには茅萱の生命力が重要です。しおれたり枯れたりした茅萱は適しません。そのため,調製してから半日程度ばかり舗設しておくのが限度なのです。

茅の輪くぐりは,いつでも,どなたも,御自由にどうぞ。
夏越大祓(6月30日17時30分)は,一般の方もご参列が可能です。