水海道の祇園祭には「旧水海道」の11町(十一ヶ町)が参加します。

なかでも,ふるくからの市街にある7町(七ヶ町)は輪番で「当番町」にあたります。
本社神輿,獅子,四神圏,宝剣,太鼓の神具等を順々に担当します。
(本社神輿←獅子←四神圏←宝剣←太鼓←(休)←(休)←本社神輿←獅子←…)

本社神輿にあたる町会がとくに「当番町」と呼ばれ,その年の祇園祭をまとめます。

6月に入ると,各町ともお囃子の稽古が行われたり道々に提灯を取り付けたりし,次第に町中に祭礼の雰囲気が満ちていきます。

平成28年 祇園祭の当番町

神具 町名 氏子 七ヶ町 十一ヶ町
本社神輿 渕頭町 八幡神社
獅子 元町 天神社
四神圏 本町 天神社
宝剣 栄町 天神社
太鼓 宝町 八幡神社
(休) 諏訪町 八幡神社
(休) 橋本町 八幡神社
亀岡町 天神社
森下町 八幡神社
天満町 天神社
山田町 天神社

玉串奉奠の順序など,祇園祭における各町の位次は上表のとおりです(平成28年)。